ショッピング・サイトはリニューアルいたしました。
http://www.soundspace.jp をご利用ください 。


韓国盤Disc総合検索 



頭文字で検索

50音表で歌手・俳優を検索

俳優名を選択








編成別表示(歌手)

| | | グループ | VA |

新譜リリース順(2012/02以前)

OST (韓国盤サントラ)

韓国映画OST

韓国ドラマOST
 | KBS |MBC |SBS |
史劇(~9C|高麗|朝鮮|近代)


国内放映中/予定のドラマ
 | 初放映作 |


韓国盤DVD

韓国映画/ドラマDVD

韓国映画VCD

▼K-POP映像作品
 ( DVD / VCD / その他 )


ややスペシャル・ジャンル

韓国伝統音楽 (English)

韓国インディー盤 (暫定)

ポンチャック

Bongrass/Siwanレーベル

韓国歌謡リメイク盤特集

成人歌謡(暫定)






1件 (#1 to #1)  page: 1



OST (MBC週末企画)
『甘い人生 〜Desire for Love〜』 Music by Hwang Sang Jun/ Roh Hyung Woo/ Lyoo Hyung Wook

manineEntiumTRIANGLEMBCMLCD-0231 ■format: Audio CD *1 ■2008/06/10 ■8809168201616




[曲目表]
track list
0101
恋花
-
カン・ヒョンジョン (@Bubble Sisters)
〔曲:シン・ヒョン〕
4:25
0102
終わりじゃないと
-
カン・テウ
〔曲:シン・ヒョン〕
3:34
0103
恋花 II
-
DR. CORE 911 feat. シン・ヒョン
〔曲:ファン・サンジュン〕
3:20
0104
La Dolce Vita


3:13
0105
Sweetheart


3:44
0106
Heading to the wrong way


3:52
0107
Love Theme


3:24
0108
Man with a history


4:32
0109
Life goes on


2:30
0110
Rain (憂鬱な午後)


2:54
0111
Come Ti Amo


4:19
0112
Love or


1:27
0113
言えない話


4:29
0114
Love Theme (string ver.)


3:26
0115
Dreaming Woman


3:30
0116
Sway


2:44
0117
Empty


3:23
0118
恋花 (inst.)


4:27
=ボーカル・トラック
ボイスもの(詞なしのscat, humming、語り、詩朗読など)
=カラオケ用トラック(主旋以外のバックグラウンドのchorus, rap入り)
=インスト・トラック
→ カナ(ハングル読み)を表示 Japanese Translations courtesy of (c)Junkei Tsutsui
→ 簡易表示

[参考]
※ちなみにオ・ヨンスが劇中36歳というのは逆サバ読みだろうと思ったら71年生まれなのでほぼ実年齢(ドンウクの実齢の10歳上)であった。

c
ジャケ写状態。


1件 (#1 to #1)  page: 1
mlcd0231


(元)映像作品出演者/リンク
オ・ヨンス
イ・ドンウク
チョン・ボソク
パク・シヨン
チョン・ギョウン
ペク・イルソプ
ユン・ヒョンスク
ソ・ドンウォン
チョ・ギョンファン
ムン・ガヨン
キム・ジミン
チャン・ヨンナム


(歌手)リンク(本人作/参加/曲)
ファン・サンジュン
(compose)



カン・ヒョンジョン @[Bubble Sisters]
(vocal: 0101)



カン・テウ
(vocal: 0102)



DR.CORE 911
(0103)



シン・ヒョン
(vocal: 0103, compose)



チョン・ジェドク
(harmonica)



Alexander Sheykin
(accordion)





[some information]

●裏ジャケには表示がないのだが、歴史ドラマで使われてもおかしくないような泣きのタイトル曲(1)がBubble Sisters: カン・ヒョンジョン、OST等のコーラスで活躍(?)してきた若干笑ったような声質が特徴のSoulmanことカン・テウのバラード(2)、そしてシン・ヒョンをfeat.したバンド=DR CORE 911のどちらかというとラップ部分だけを強調したミディアムのロック・バラード(3)…と、それぞれ色合いの違う3曲が冒頭のウタもの地帯を飾る。ちなみにシン・ヒョンは前の2曲の作曲家であり、ファン・サンジュン曲の(3)でvoを執る。このためアルバム全体はノ・ヒョンウ、リュ・ヒョンウクらとの連名作品とはいうものの、前半の歌モノに関してはファン・サンジュン=シン・ヒョン作品という印象が濃い。小樽ロケにも関わらず、4曲目以降サウンド的にはaccordionなど小粋なパリの…というか状況的には銀座4丁目あたりの雰囲気を醸し出しているほか、ボサというよりはラウンジーなジャズ風などもありとなっている。なお「恋花」と「恋花II」は同曲ではなくサビの詞が共通…といった凝った関係となっている。(18)は(2)のインストで、コーラスなどはもともと入っていないので、マイナス・ワンのカラオケにもなっている。ちなみに原ドラマの横文字題である「La Dolce Vita」はイタリア語。クレジット的にはさらに1名(ファン・ソラ)という作曲家が加わり都合5名のコンポーザが参加している計算になる。




『甘い人生 〜Desire for Love〜』 ランダム関連作品
OST / 探偵推理劇 (劇場映画) 『影の殺人』
OST / (劇場映画) 『宮女』
OST / (劇場映画) 『チューブ』



↑本アイテムのPC用URL