ショッピング・サイトはリニューアルいたしました。
http://www.soundspace.jp をご利用ください 。


韓国盤Disc総合検索 



頭文字で検索

50音表で歌手・俳優を検索

俳優名を選択








編成別表示(歌手)

| | | グループ | VA |

新譜リリース順(2012/02以前)

OST (韓国盤サントラ)

韓国映画OST

韓国ドラマOST
 | KBS |MBC |SBS |
史劇(~9C|高麗|朝鮮|近代)


国内放映中/予定のドラマ
 | 初放映作 |


韓国盤DVD

韓国映画/ドラマDVD

韓国映画VCD

▼K-POP映像作品
 ( DVD / VCD / その他 )


ややスペシャル・ジャンル

韓国伝統音楽 (English)

韓国インディー盤 (暫定)

ポンチャック

Bongrass/Siwanレーベル

韓国歌謡リメイク盤特集

成人歌謡(暫定)






1件 (#1 to #1)  page: 1



OST (KBS mini series)
『I am Sam 〜アイ・アム・セム〜』

SONY BMGPAN EntertainmentPAPC-004 ■format: Audio CD *1 ■2007/08/14




[曲目表]
track list
0101
僕だけ、僕だけ
-
PARAN
3:01
0102
Love you (Orchestration mix)
-
ピョル
4:01
0103
I do
-
Genie
3:16
0104
Love you
-
ピョル
4:07
0105
僕だけ、僕だけ (Instrument)


2:57
0106
気分のいい一日 (軽音楽)


2:13
0107
愛、心の病気 (軽音楽)


1:21
0108
Fever (軽音楽)


1:36
0109
かけっこ (軽音楽)


1:13
0110
子供 (軽音楽)


0:51
→ カナ(ハングル読み)を表示 Japanese Translations courtesy of (c)Junkei Tsutsui
→ 簡易表示

c
パッケージ概観。


1件 (#1 to #1)  page: 1
papc004


(元)映像作品出演者/リンク
ヤン・ドングン
パク・ミニョン
ソン・テヨン
チェ・スンヒョン (T.O.P)
イ・ミノ
チュ・ジョンヒョク (Ryan)
パク・チェギョン
パク・チェジョン
クァク・チミン
タンジ
パン・ソヨン
チョ・ヒャンギ
チェ・ジェファン
パク・チョロ
キム・ユビン
パク・チュンギュ
ユ・テウン
キム・ホンシク
チェ・ジュボン


(歌手)リンク(本人作/参加/曲)
PARAN



ピョル



Genie





[some information]

●PARANのRyanがオトコのNo.3くらいで出演…の役得でOSTにPARAN収録なのか、逆なのかは不明だが、歌モノは3曲(ピョルの同曲2バージョン含む)どまり。ドラマ的には放映後1年〜1年半してから次々とソン・テヨンが出ていた作品として、およびBIGBANGのT.O.Pの初本格ドラマ出演作→イ・ミノ(『花より男子』)→パク・ミニョン(『自鳴鼓』)とそれぞれ段階的に再評価(?)された作品で、制作サイドの先見の明が伺われるとともに、邦題も『セム』になってしまったのは、商標の関係なのか微妙なところであるが、従軍前のヤン・ドングン作品として記憶にとどめていただきたいものである。なお、T.O.P、Ryanとも番組の公式ページでは韓国名になっているので、メイン表示はそれに従っておく。

●本作から約4年後、2011年の『私は歌手だ』でも本作の先見の明が再確認されることとなっている。OSTには収録されていないが、チャン先生(ヤン・ドングン)が劇中で歌う「ヨロブン」(歌詞的には「あなたは私の永遠の兄弟」)がイム・ジェボムによってカバーされてしまったため。当時の事実関係としては数か月後にヤン・ドングン自身がHipHopアレンジでカバー(歌詞も一部改作)しており、ドラマ中でのキム・ジャンフン唱法とはかけ離れた完成度を示しているが、当時はそれほどまでには顧みらなかった。実はこの曲はユン・ボッキの実兄ユン・ハンギ牧師作詞作曲のクリスチャン・ソング(…。)なのであった。劇中の後日譚では神父(…のイメージなのだが、この文脈では牧師=プロテスタント系に就職したのかもしれない)となる班長(級長)がプロテスト・ソング(…。)としてチャン先生の愛唱曲を口ずさむ…という構図は、この曲の出自を知ることなくしては、しっくりこないものがあるかもしれない。ちなみに原詩では「ノ、ナ」(オレ、オメエ)の関係なはずなのだが、その片方は“主”であるので(目線の高さからいって、おそらくナが神?)いきおいべらんめぇ調の訳にはできない感じである。

●『私は歌手だ』でのイム・ジェボムのアレンジもクワイア採用だったりと教会寄り(もっともゴシックというナゾをキーワードをキーとすればロックと教会様式とは無縁なものではないわけだが)なのが、日本人にとってはナゾなところがあったわけだが、本来この曲はCCMの範疇に近いことと同時にユン・ボッキ自身がこれをかなりメタル・ロックなアレンジで歌ったりしていることなどから、イム・ジェボムがこの曲を選択すること自体は不自然ではない…ということになりそうである。このへんの機微は番組の曲選択の場面で今後明かされることになるであろう。




『I am Sam 〜アイ・アム・セム〜』 ランダム関連作品
PARAN / U.R.M.S
PARAN / THE FIRST
PARAN / Beyond the blue sky
PARAN / [the first] I HOLD MY BREATH A MOMENT STILL
VA / Somewhere over the Rainbow
OST / (SBS特別企画) 『プラハの恋人』



↑本アイテムのPC用URL